学校訪問部

学校訪問部

子どもが一日の長い時間を過ごす場所は家だけでなく学校や幼稚園・保育園です。
そこの支援をすることは当然療育の大きな鍵を握ります。

当クリニックでは通院する児童生徒や園児の医療や支援の内容を知る看護師らが、在籍している小中高校や幼稚園・保育園をボランティアで定期的に訪ね、子どもの状況を確認するとともに、担任教諭らと情報交換を密にしてより効果的な支援を目指す全国でも初の試みを行っています。

発達障害や子供の心の治療はクリニックと家族だけでは良くならないケーズがとても多いです。
周囲の色々な方との連携がとても大切で、それが子どもの支援の柱になります。

訪問部スタッフは看護師だけでなく学校環境に詳しい元学校長経験者もスタッフとなる事で教育側の意見と医療側の意見を総合的に判断し子供にとって一番の生活環境を作る事を第一の目的としていきます。
そうする事で当院の治療が適切かどうかも必然的に判断する事もできます。
クリニックもお子様を良くする仲間の一部と言う発想からこうしたチームを作りました。

医療者側からの一方的な意見にならず家族の意見 学校の意見 そして医療の意見を総合的にまとめてお子様のより良い生活をサポートするそれが我々訪問部の役割と考えています。

<問い合わせについて>

幼稚園保育園、学校訪問希望や学校での不登校、発達障害対応の相談依頼は「訪問部 部長 安藤春恵」までお願い致します。