一般外来
診療予約はこちら

携帯電話・スマートフォンからもご予約できます!


診療スケジュール

診療のご案内

アレルギー科

スギ花粉症/舌下免疫療法外来

海外渡航外来

夜尿症外来

こどもの心と発達科

こどもの心と発達科

小児在宅医療

禁煙外来

一般外来

予防接種外来

栄養相談外来

学校訪問部


関連リンク

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
こどもの救急

お支払方法 各種クレジットカード・電子マネー
ご利用できます。

一般外来

一般外来について

西真岡こどもクリニックの一般外来では、一般内科、小児科の診療を行っております。

風邪、インフルエンザ、発熱、胃腸障害、頭痛、水痘、麻疹、風疹、おたふくかぜなどの疾患はもちろん、怪我や軽い火傷、ひきつけ、呼吸器疾患、皮膚疾患、生活習慣病などの慢性疾患まで、内科全般に幅広く対応しております。

急な体調不良や日常の検査、診察、健康相談など、不安に思ったときは、お気軽に当院にお越しください。

よくある流行性疾患について

便秘の食事指導

当院では子どもの便秘について、食事のアドバイスを行っております。
詳しくはこちら

インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる感染症です。インフルエンザにかかると38℃以上の急な発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状が強くあらわれ、あわせて鼻水、咳、のどの痛みなどの症状もみられます。
乳幼児 高齢の方、基礎疾患を持つ方、妊娠中の方がインフルエンザにかかると、気管支炎、肺炎などを併発し重症化する事があるので注意が必要です。

感染経路と症状

インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型があります。
C型もヒトに感染しますが流行は起こりにくいとされています。
「飛まつ感染」、およびウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによる「接触感染」で感染します。
おおむね1~3日を潜伏期間とします。

インフルエンザの予防

最大の予防法は、流行前にインフルエンザワクチンの接種を受けることです。ワクチンの接種で、インフルエンザに感染しにくくなりますし、かかったとしても軽い症状ですむことが証明されています。
日常生活でできるとても大切な予防は人ごみを避ける、帰宅時には「手洗い」「うがい」をしましょう。室内では加湿と換気をよくしましょう。また、感染を広げないためにも、感染の可能性がある方は、咳やくしゃみをおさえた手、鼻をかんだ手はただちに洗うようにし、周囲へ配慮(咳エチケット)しましょう。

咳エチケットとは
  • 咳やくしゃみをしているときはマスクを着用しましょう。
  • 咳やくしゃみをするとき、マスクを着用していない場合は、ハンカチなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけましょう。
インフルエンザの検査

インフルエンザの検査は、迅速検査が普及してすぐに結果が出るようになりました。
鼻腔の拭い液を採取して、迅速検査キットなどで調べます。検査にかかる時間は、早いもので15分です。A型とB型を区別できるものが使用されています。
しかし、検査結果が陰性(マイナス)だからといって必ずしもインフルエンザにかかっていないとはいいきれません。ウイルス量の少ない初期には「偽陰性」となることがあります。
当院では発熱から数時間でも検査の陽性率が高い富士ドライケムを使用しています。

http://fujifilm.jp/business/healthcare/chemical/immuno/ag1/

インフルエンザの治療

発熱、咳、鼻づまりなどつらい症状を抑える対症治療とオセルタミビル(商品名:タミフル 飲み薬 粉と錠剤)、ザナミビル(商品名:リレンザ 吸入)、ペラミビル(商品名:ラピアクタ 注射薬)、ラニナミビル(商品名:イナビル 吸入薬)等の抗インフルエンザ薬による治療があります。 インフルエンザと診断されたから、必ず抗インフルエンザ薬が必ず必要と言うわけではありません。症状が軽い場合は対症療法で十分な場合が多いです。

※抗インフルエンザウイルス薬とは、体内でインフルエンザウイルスの増殖を抑えるお薬で、病気の期間を短縮したり症状を軽減したりする効果があります。
インフルエンザと診断がついても熱が下がらない場合は細菌の混合感染による気管支炎などを併発している場合もありますので注意が必要です。

家族がインフルエンザにかかった場合

インフルエンザの流行を拡大させないためにも、家庭内で感染を防ぐことは、非常に重要なことです。同居している家族がインフルエンザにかかった場合は、下記に注意して看護してください。

看護の注意点
  • 患者さんを、できるだけ家族とは別の個室で静養させましょう。
  • 看護した後は、手洗い、うがいを徹底しましょう。
患者さんを見守る注意点

インフルエンザの治療を受けた後でも、次のような症状を認める場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。
また、下記以外でも、いつもと様子が違って心配な場合は、医療機関に相談してください。

小児の場合
  • けいれんの症状がある。
  • 視線が合わない、呼びかけに答えない、眠ってばかりいるなど、意識障害の症状がある。
  • 意味不明なことをいう、走り回るなど、いつもと違う異常な言動がある。
  • 顔色が悪い。
  • 呼吸が速く息苦しそうにしている。
  • ゼーゼーする、肩で呼吸をする。
  • 水分が摂れず、半日以上おしっこが出ていない。
  • 嘔吐や下痢が頻回にみられる。
予防投与について

インフルエンザ罹患するとリスクが高い以下のような方は抗インフルエンザ薬の予防投与の適応になります。

  • 65歳以上の高齢者
  • 慢性呼吸器や慢性心疾患のある方
  • 糖尿病などの代謝性疾患のある方
  • 腎機能障害の方
インフルエンザと診断されました。登校はいつ頃から可能?

「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」となっています。第2種学校感染症に指定
ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません。(学校保健安全法施行規則第19条)

インフルエンザ歴史
  • インフルエンザは、過去に世界的な大流行「パンデミック(世界的規模の大流行)」を起こしました。
  • インフルエンザのパンデミックには、スペインインフルエンザ(1918年)、アジアインフルエンザ(1957年)、香港インフルエンザ(1968年)、ソ連インフルエンザ(1977年)などがあり、スペインインフルエンザでは、日本で約38万人の死者が出たといわれています。
  • パンデミックは、新型のインフルエンザウイルスが出現し、新型ウイルスに対する免疫を持たない多くの人に感染が拡大することで、起こったと考えられています。2009年新型インフルエンザの世界的流行が最も記憶に新しいです。このインフルエンザの流行は、流行年とウイルスの型(A型、H1N1亜型)とを組合せパンデミック2009H1N1(略:A/H1N1pdm09)とも呼ばれています。

≫インフルエンザ予防接種についてはこちらへ


子どもの便秘 食事アドバイス

子どもの便秘について、生活習慣の見直しや食物繊維を多く含む食品を積極的に摂取するなど、便秘改善のアドバイスを行っております。

☆以下の8つの項目をチェックしてみてください。 (管理栄養士:麻生奈美)

① ヨーグルトや乳酸菌飲料を毎日摂取しましょう。
なぜ?どうして?
腸内の善玉菌が優勢になり腸内環境が良くなります。
② 朝起きたらコップ1杯の水を飲む習慣をつけましょう。
また食事にはみそ汁かスープと飲み物を付け、その他にもこまめな水分補給をしましょう。
なぜ?どうして?
こどもは大人に比べて汗をかきやすく水分不足になりやすいのです。
冷たい飲み物は体が冷えて腸の動きを鈍らせてしまうので常温が望ましい。
カフェイン入りは利尿作用があるので水や麦茶・ほうじ茶がよい。
③ 朝パンの習慣だった場合は少しずつごはん食に変えてみましょう。
なぜ?どうして?
体を温めるだけでなく1人前でみるとパンよりごはんのほうが食物繊維は多い。
④ 朝食を抜かすことなく3食規則正しい時間に食べましょう。
なぜ?どうして?
同じ時間に食べることで排便時間も徐々に整ってきます。
⑤ 食物繊維を多く含む食品は普段から積極的に摂取しましょう。
胃に負担をかけないようよく噛んで食べましょう。

なぜ?どうして?

水溶性食物繊維不溶性食物繊維をバランスよく含む簡単なおすすめ料理

【例】
・けんちん汁・豚汁・切干大根煮・きんぴらごぼう・筑前煮・わかめごはん
・五目炊き込みごはん・わかめとオクラの酢の物・果物のヨーグルトあえ
・納豆など

⑥ 腸の動きが悪く便が固まり詰まってカチカチ・コロコロ便の状態の時は不溶性食物繊維が多く含まれる食品を取りすぎないようにし、水溶性食物繊維を多く含む食品を摂取しましょう。

なぜ?どうして?

不溶性食物繊維の摂取が多すぎると水分を吸収してさらに便が固くなり悪化してしまうのですでに固くなっている場合は控えて、 便を柔らかくする水溶性食物繊維が含まれる食品をメニューに入れましょう。

<水溶性食物繊維を多く含むもの>
・海藻類(わかめ、昆布、のり、めかぶ、もずく、あおさ、寒天など)
・山芋、里芋、キャベツ、オクラ、モロヘイヤ、納豆、きなこなど
・果物はペクチンも含まれ便を柔らかくします(バナナ、キウィフルーツ、みかん、もも、いちご、プルーン、スイカ、メロンなど)

<不溶性食物繊維を多く含むもの>
・穀類(シリアル、そば、ライ麦など)・豆類・いも類(さつまいも、かぼちゃ)
・きのこ類・野菜(ごぼう、たけのこ、とうもろこし、ブロッコリー、セロリなど)
・こんにゃく類(こんにゃく粉は水溶性ですが製品になったこんにゃくは不溶性です)

⑦ 園や学校では排便できずに我慢してしまうと便が固くなり便秘の原因になるのでこどもの様子を気にかけて、早めに気づいてあげましょう。
なぜ?どうして?
恥ずかしくて我慢してしまい、排便したくても固くて痛いのでさらに我慢してしまうケースも多いです。
⑧ こどもの便秘は市販の下剤を使用せず、医療機関に受診しましょう。
なぜ?どうして?
小児科医に相談しましょう!

医療法人 大香会 西真岡こどもクリニック概要

住所
栃木県真岡市高勢町3丁目205-1
電話番号
0285-81-7900
診療科目
小児科・アレルギー科
休診日
日曜日・祝日
9:00~12:30 / 13:30~20:00
9:00~12:30
診療スケジュールはこちらにてご確認下さい

きりんカフェ おいしいケーキやランチ、各種お飲物をご用意しております。詳しくはこちらから

海外渡航にあたり予防接種をご希望の方へ

こどもの心と発達科予約表をダウンロードし記載の上、当院にFAX下さい

海外留学/出張の方へ

  • 国別受けておきたい予防接種
  • 国際リンク 連携医療機関
  • 海外生活お役立ちサイト
  • 海外留学・出張の方へ
  • 海外留学を希望される方へ
  • 英文予防接種 証明書
  • 英文診断書作成
  • 海外渡航時の予防接種
  • 予防接種と接種間隔
  • 当院で可能な予防接種
  • 当院で輸入可能なワクチン
  • 当院で処方可能な予防薬

西真岡こどもクリニック公式Twitter

  • Page Top